前立腺肥大症を治療する最善策をご紹介します

30代から始まり歳を重ねるごとに深刻度が増す前立腺肥大症。
この症状に悩まされる方は非常に多く、男性の国民病といっても過言ではありません。

そんな男性の悩み、立腺肥大症がED治療薬シアリスで改善できるのをご存知でしょうか。
また医療機関での処置に比べ、シアリスの使用は効率的な治療法であると言えます。

  • ED治療薬シアリスが、なぜ前立腺肥大症に効くの?
  • どうして医療機関よりも、治療法として優れているの?
  • そもそも医療機関では、どんな治療法が施されているの?

そう疑問を感じた方もいらっしゃるかと思います。

このページでは前立腺肥大症にスポットをあて、効果の高い治療法を紹介いたします。
前立腺肥大症でお悩みの方はもちろん「最近、残尿・頻尿が気になっている…」という方も是非ご参考ください。


前立腺肥大症とは?

全ての男性に起こり得る排尿障害の原因の1つで、膀胱直下にある前立腺という臓器が加齢とともに肥大し、尿道が圧迫されることで以下の障害が起こります。

前立腺肥大症の主な症候・症状

  • 尿の勢いがなくなる / 尿が残っている感じがする
  • 排尿の回数が増える / 夜中に何回もトイレに起きる
  • 急に尿意を感じ我慢できない / 尿意の割りに量が出ない

30代から症候が見え始め、50代を契機に約30%の方が具体的な症状を発症します。
更に60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%…と、高齢になるほど発症率が増加、病状が悪化します。

まさに男性の更年期障害、その発症の理由は一体なんなのでしょうか。

発症の原因・EDとの関係性、どちらも不明瞭

実は前立腺肥大症の原因について、現在のところ明確な答えはありません。
年齢を経るごとに男性ホルモンの分泌が減り、女性ホルモンとのバランスが崩れることで発症すると考えられています。

またインターネット上で、前立腺肥大症がEDを引き起こす原因の1つとする見解も多く見受けられますが、同じく明瞭な根拠はなく推察の域を出ません。

ただし前立腺肥大症にせよEDにせよ、年を追うごとに顕著になることは確かです。

例え年齢的なものであっても、意図しない尿意で日々の行動を左右されるのは辛いものです。
症状が悪化しないうちに、早い段階で治療法を見付ける事が肝要と言えるでしょう。


前立腺肥大症もEDも、治療薬の有効成分は同じ

前立腺肥大症の治療法として医療機関では、ザルティアという治療薬を処方されるか、手術が施されるか、主にこの2通りが一般的です。

実はザルティアという治療薬、なんとED治療薬シアリスと全く同じ有効成分(タダラフィル)が使用されているんです。

シアリスは副作用が少ない人気のED治療薬ですが、ED治療薬としてはシアリス、前立腺肥大の治療薬ではザルティア、名称(と規格)が異なるだけで中身は全く同じ治療薬なのです。

何故、同じ有効成分であるにも関わらず2つの販売名が誕生したのか、その背景には以下のような事情がありました。

2つの治療薬が誕生した理由

日本ではEDの治療が保険適用外であるため、シアリスもまた保険制度の及ばない治療薬となっている。

一方の前立腺肥大症は保険が適用されるので、使用する薬剤も保険制度に該当するものでなければならない。

そこで便宜上、シアリスと同成分であるにも関わらず、前立腺肥大症の為に名前や規格を変更し保険適用のザルティアとして販売。


このような経緯があり、同じタダラフィルを有効成分とする2つの治療薬が生まれました。
ではタダラフィルはEDや前立腺肥大症にどう作用していくのでしょうか。

タダラフィルの血管拡張作用が、局部の悩みを解決

勃起不全と前立腺肥大、まるで違う2つの症状が同じ成分で改善できる理由は、タダラフィルで促される局部の血管拡張作用に他なりません。

人間の体内には興奮剤(一酸化窒素)の分泌を抑え、血流を正常に戻す働きをするPDE5という酵素がありますが、タダラフィルはそのPDE5酵素を阻害し、血管拡張作用による血流の促進を活発にします。

症状がEDだった場合には、陰茎(海綿体)への血流を促しペニスの勃起を持続させてくれ、前立腺肥大症だった場合には血流促進による酸素供給の増加で、肥大した筋肉を弛緩させ前立腺の修復・症状の緩和に作用します。

この先、タダラフィルがED治療・前立腺肥大の両方に効果があると知った上で、医療機関での処置に比べ、シアリスの方が効率的である事をご紹介していきます。


比較から見える前立腺肥大症の最適な治療法

シアリスを購入した場合と、医療機関での処置(ザルティアの処方・手術)を受ける場合、3つの方法を表にまとめましたのでご覧ください。

 
治療薬 シアリス
治療薬 ザルティア
手術
条件
なし・50歳以上
・医師の診断
・医師からの処方
・医師の診断
有効成分
タダラフィル
(効果持続時間36時間)
タダラフィル
(効果持続時間36時間)
規格
5mg,10mg,20mg2.5mg,5mg
入院
なしなし約10日間
通院
なしあり数週間
費用
購入額
(20mg)
¥2,170前後
処方代
(5mg)
¥230前後
手術費
約10万
諸費
なし診察代,交通費診察代,処方代,通院費,交通費
特徴
通販で誰でも購入可能
シアリスの効果・副作用を見る
ED治療薬としての処方は不可手術費は概算ですが最低でも8万とされています

デメリットが多い手術は最終手段

ご覧の通り、まず手術での治療はデメリットしかありません。
高額な手術費と諸費に加え、入院や通院などの手間がかかってしまいます。

場合によっては痛み止めなどの薬代もかかり、手術痕が残る可能性も考えられます。

生活に支障をきたす以上、職場や家族の事を考えると最善策とは言えません。
手術での治療は、症状が改善されなかった際の最終手段として捉えるのが妥当でしょう。

2つの治療薬はシアリスが優勢

治療薬同士を比較した場合、保険が適用されるためザルティアの薬代が安価であるかに見えますが、診察代はじめ諸費を考慮するとシアリスとの立場は逆転します。

例えそれらを含めてシアリスより低価格だったとしても、5mgが規格の最大値である以上、優勢とまでは言えません。

またザルティアは手術と同じく、医師の診断があって初めて処方される医療品になります。
診察のため病院へ赴く事はもちろん、経過を診る上での通院も余儀なくされるでしょう。

一方シアリスは通販で買えるため、50歳以上の年齢制限もなく自宅のパソコンやスマートフォンで、或いはインターネットカフェで自由な時間に購入できます。

配送時の梱包も「シアリス」や「ED治療薬」などの表示がないのでご安心ください。


ED治療薬シアリスが日常を取り戻します

いつもトイレを気にしてしまい、何事も楽しめない。
前立腺肥大症の方から多く耳にする、大きな悩みの1つです。

友人とのバスツアーや夫婦で行く趣味のハイキングなど、トイレの限られた環境を避けるがゆえに、旅行はもちろん出掛ける事すら断念しがちではないですか?

シアリスなら病院へ行かず、低価格で、誰からも知られることなく、前立腺肥大症の治療ができます。

この先の日々を楽しいものにするために、
効率的・経済的なシアリス通販を1度お試し下さい。

TOPページで、シアリスを通販で購入するメリットを詳しく紹介していますので、ご確認ください。

あなたのプライベートを豊かにし、見違えるような毎日をお届けする…。
このページが、そんな1つのきっかけになれば幸いです。