若い年代でもEDの悩みを持つ男性が増えています

ED解決方法を伝える男性
ED(勃起不全)と聞くと中年や高年の病気でしょと思われる方が多いですが、若い年代でもその症状に悩まされている方は大勢いらっしゃいます。

EDが不安で性行為が出来ない…
原因や改善方法が分からない…

このように悩む若い世代の人が増えています。

人によりEDの原因はバラバラ、加齢・ストレス・ホルモンバランスの崩れなどがあり、原因究明と改善方法を見つけることは簡単ではありません。

ですが、EDの原因に関わらず、改善効果のある方法は医学により明確にされているのでご安心ください。

このページでは、

・年齢別にEDになってしまう原因
・勃起不全に効果がある3大ED治療薬

を紹介させて頂きます。


年齢別にEDになってしまう原因

EDの原因は一人一人異なりますが、年齢による傾向は分かっています。
20代と30代~40代で、それぞれの原因を見てみましょう。


20代は精神的なストレスが一番の原因

20代男性の一番の原因は「精神的なもの」とされています。
精神的な物と言っても、その幅は広く、原因を特定することは簡単ではありません。

例えば、

■仕事によるストレス
これまでとは違う環境で、上司やお客さんから目には見えない重圧を掛けられ、その精神的苦痛がEDを発症してしまう。

■過去のトラウマ
過去の性行為で嫌な思いをした経験がトラウマとなり、現在のパートナーにおいても不安を感じ行為が出来なくなってしまう。

■過剰な自慰行為
AV(アダルトビデオ)などを鑑賞して、刺激の強い自慰行為を行ってきた場合、性行為に刺激が足らず興奮しない場合がある。

20代は身体能力的に問題があるケースは少なく、過剰な労働や自慰行為の回数を減らすことで勃起不全は解消されるケースが多いようです。


30代~40代はホルモンバランス低下が主な原因

一般的に男性は30代から40代になると、ホルモンバランスの低下によりEDを発症しやすくなります。
生物学的な理由で性欲がどんどん落ちてしまうということです。

一番忙しい年代になるため、性行為に対する意欲が薄れてしまう事も原因となります。
性に対する意識が遠のいてしまい更にホルモンバランスを悪化させてしまうのです。

この年代になると栄養補給用のサプリメントで精子を増やしたり、精力剤を利用する人がいますが、これらにはデメリットがあります。


サプリは、飲み続ける事で効果を発揮しますが、性行為は毎日し続ける物では無いため、飲み続けることができず効果を体感しにくい物となってしまいます。

精力剤は、初めて利用した際には大きな効果を感じられますが、使うに連れて体が慣れてしまい効果を感じにくくなってしまいます。

仮に原因が上記に記載したストレスだと分かっても、日々の生活でストレスをゼロにする事は簡単ではありませんよね。

ですが、加齢やその他の原因に関わらずEDを改善する方法があるので安心してください。


勃起不全に効果のある3大ED治療薬

ED治療薬は先発医薬品として近年多くの人が利用しています。

代表的なものは、3大ED治療薬のバイアグラ・レビトラ・シアリスです。

バイアグラはED治療薬の火付け役で、発売当初はEDに悩む男性からの注目が高く飛ぶように売れましたが、バイアグラはお酒との相性が悪い事、副作用が強いことを懸念する声も多く出ました。

その後、バイアグラの悪い部分を軽減し、食事の影響がない、副作用の少ないレビトラが発売され、バイアグラに変わるED治療薬として多くの人から利用されることになります。

その後、レビトラよりも副作用を減らし、効果継続時間の長いシアリスが発売されました。

私は3大ED治療薬全てを利用した経験がありますが、今現在利用しているのはシアリスです。

レビトラは即効性が強いため、一応保持していますが利用することはほとんどありません。

3大ED治療薬のバイアグラ・レビトラ・シアリスを比較してみましょう。

3大ED治療薬を比較

名称 バイアグラ レビトラ シアリス
外観 バイアグラ レビトラ シアリス
錠剤 バイアグラ錠剤 レビトラ錠剤 シアリス錠剤
値段/1錠 1,700円前後 1,500円前後 2,000円前後
服用回数 1日1回 1日1回 1日1回
効果発生 30分~1時間 15~30分 30分~1時間
持続時間 4時間 5~10時間 36時間
有効成分 シルデナフィル バイエル タダラフィル
副作用の強さ
副作用 頭痛
消化不良
吐き気
胸部の拍動感
頭痛
倦怠感
頭痛
ほてり
鼻づまり
特徴 お酒を飲むと逆効果 即効性が強い
食事の影響少ない
副作用少ない
食事の影響少ない
販売元 ファイザー バルデナフィル イーライリリー

上記のように、副作用や効果発症時間・効果継続時間に大きな違いがありますが、今ではバイアグラを選ぶ理由はありません!

利用者は即効性の高いレビトラ、副作用が最も少なく持続時間が長いシアリスに分かれます。
私もレビトラの用意も一応していますが、日頃利用するのはシアリスです。

レビトラは副作用の強いバイアグラの後継薬として発売されたため、治験数をこなす時間が少なく副作用を強く感じる人がいます。

ED治療薬を試したことがない方であれば、治験数が豊富で副作用の少ないシアリスをおすすめします。

シアリスは2003年に発売されて以来、世界100ヶ国以上で使用され、36時間という長い持続時間から「ウィークエンドピル」と呼ばれ、現在ED治療薬の世界シェアNo1です。



でも、シアリスはどうやって入手すれば良いのでしょうか?
次の項でおすすめの購入方法を紹介させて頂きます。


ED治療薬の入手方法

ED治療薬の手にする方法は以下の2つです。
・病院で処方してもらう
・インターネットで購入する

病院で処方してもらう場合には、対応している病院に制限があるというのがデメリットとなります。
家の近くに専門の病院があれば良いのですが、ED治療を専門とする病院は数が少なく通院するのも簡単ではないと思います。

また、病院に行くという事は診察を受けなければなりません。
いくら先生といえども、自分のEDの症状を他人に話すのは抵抗がありますよね。

更に、費用が高く付くという事も大きなデメリットです。
現在ED治療薬は保険適用となっているため、3割負担と以前に比べ割安にはなっていますが、それでも診察料や診察に掛かる時間を考えれば割高となってしまいます。



その点、インターネットでは、

・病院で処方してもらう必要が無いので、いつでも自由に購入できます
・診察が必要ないので、恥ずかしい話を他人にする必要がありません
・診察料が掛からないため病院よりも割安で購入できます

そのためネットでの購入をおすすめします。



医療薬をインターネットで購入していいの?
と思われる方もいらっしゃるとかもしれませんので、簡単に紹介させて頂きます。


インターネットで購入できるED治療薬

医療薬は医師の処方で購入するというのが一般的ですが、ED治療薬は海外医薬品なので個人輸入はもちろん、薬事法で認められた方法のため違法には当たりません。

・EDの原因が分からない…
・性行為が出来ず自分だけでなく相手に申し訳ない…
・加齢を理由に性行為が出来ないのは嫌だ!

このようなに感じているのであればシアリスを試してみてください。
ですが、どの通販サイトでも正規品のシアリスを購入できるわけではありません。
中にはニセモノを販売している通販サイトがありますのでお気を付けください。

当サイトのTOPページでは、
正規品のシアリスを販売している7つの条件を満たした大手3社の比較していますので、シアリスを検討している方は参考になさってください。