女性にも男性のEDのような性機能障害が発症します

女性とベット
通常、勃起不全と呼ばれる事もあって、男性が悩む病気だと認識をされていますが、実際には女性も同様の発症します。
女性の場合には男性のEDとは名称が異なり、FSD(女性性機能障害)と呼ばれています。


近年FSDを理由に性行為が出来ない女性が増えています。
性行為はしたいと思うけれど、いざそのタイミングになるとなぜか濡れない…

「なんで?」「今日もダメなの?」と、旦那さんや彼から言われるけれど、
自分自身なんで出来ないのか?その理由が分からない…
そんなことが続くと性行為をしたいという感情が無くなっても仕方ありません。

このページでは、
「濡れないから出来ない…」と感じる女性が、安心して性行為が出来るようになるゾコンという医療品を紹介していきます。

精神的なストレスがFSDの原因

性行為の時には濡れないけど、自慰行為は可能なことからFSDの原因は日々のストレス、経済的な不安定、薬の服用による精神的な不安定、ホルモン異常と考えられています。

感情的には興奮しているのに陰部が濡れず、挿入を苦痛に感じた経験はありませんか?
苦痛が続くとあなた自身が性行為自体を避けるようになってしまいますし、相手からも求められることが減ってしまいますので早めの対処が必要です。

女性のFSDは男性のEDよりも症状自体少なく、ネット上での情報収集も少ないので解決策が分からず深刻度は男性よりも高い傾向にあります。

上記のように、「濡れにくい」「挿入が痛くて怖い」という場合には、女性用バイアグラと呼ばれるゾコンを試してみてください。

ゾコン 100mg 1錠200円~

商品(ゾコン)

女性用のバイアグラと呼ばれているゾコン

  • 価格:★★★★☆
  • 効果:★★★★★
  • 副作用:★★★★★
  • 口コミ:★★★★★
  • トータル:★★★★★



ゾコンは呼吸器真菌症やカンジタなどの感染症を治療する薬で、フルコナゾールという成分が女性器からの分泌物を増やす効果があり、陰部の乾燥を防ぐことで菌の繁殖を抑制します。

分泌物が増えることで女性器内が十分に濡れ、男性器挿入時の痛みがなくなるだけではなく性的な快感も高まるため、女性用のバイアグラと呼ばれています。

口コミでの評価も高く、肉体的・精神的なストレスを解消したい女性の利用が増えています。

>>ゾコンの詳細はこちらをクリック!


そもそも性行為自体に抵抗感がある方へ

元々脳には性的なものへの抵抗がインプットされています。
裸を見られたくない、経験が少ないので不安と言う物が、間接的に性行為への抵抗となり、濡れにくい状態になってしまう事もあるので、そんな抵抗があるのであればまずはそれを取り除く必要があります。

例えば、性描写のあるメディア(本、雑誌、映画等)や女性向けのアダルトビデオなどを見ることで、性行為は当たり前の行為と認識でき、抵抗が緩和されることがあります。

性行為が難しいのであれば、自慰行為で感じる事の重要さを覚えるのも良い方法です。
脳で性的なものを想像することを繰り返すうちに、それが結果として性行為に対する気持ちを高める対策になります。


性行為は自分のためにも、あなたが大切に思う人のためにも重要な事です。
この機会に自分の症状と原因を理解して、治癒する為の一歩に踏み込んでください。

心と体は密接な関係にあります。
心の不安を体の満足で解決できることもあり、性生活の満足が心の安心に繋がります。

濡れないことを理由に性行為にためらいや不安があるのであれば、医薬品のゾコンを試してみてください。
人には相談しづらいことですが、ゾコンは通販サイトで購入できるので、誰にも相談せずに不安を払拭できるはずです。
 
女性用治療薬のバナー